2005年11月30日

日系ペルー人の男を逮捕 証拠はあるのか?

 広島の小学生殺害でペルー人が逮捕されたと報道がされいる。警察は「物証はある」としているそうだが、ほんとうか?

  無実のゴビンダさんを支える会

 このホームページを見て欲しい。最近外国人犯罪について騒がれているが、外国人がすべて犯罪者ではない。「あやしいから」というだけで逮捕してしまっていいのか?
 もちろん今回の事件で、このペルー人が真犯人である可能性もある。しかし、「疑わしきは罰せず」という原則を忘れるべきではない。
 たまたまガスコンロを買ったというだけで殺人犯にされたのではたまらない。警察は間違いようのない物証を示すべきだ。真犯人がほくそ笑んでいるような状況を、被害者も喜ぶはずがない。

 この事件で人種偏見が深まらないことを祈りたい。
posted by yasu at 12:47| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 とにかく、犯人が捕まってよかったのですけど、私は、今回の事件をきっかけに、外国人に対する報道と彼らの入国の実情について、興味をもちました。
Posted by 現役女子高生KAKOのハートの日記 at 2005年12月11日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック